脂肪由来幹細胞治療

患者様の脂肪組織から間葉系(かんようけい)幹細胞を分離して、数千万~1億個ほどまで培養して、静脈投与または局所投与を行います。

対象となる疾患は、脳梗塞の後遺症、変形性膝関節症、脊髄損傷の後遺症です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする