よくある質問

幹細胞の治療に使う脂肪はどのくらい取りますか
脂肪は2.5~10g程度採取します。
脂肪をとる手術はどのようなものですか、時間はどのくらいかかりますか
局所麻酔下で数mm程度、お腹やお尻を切開して脂肪を取り出します。かかる時間は10~30分ほどです。
脂肪を採った後、お風呂に入れますか
手術当日はシャワーのみとなりますが、翌日は入浴可能です。
幹細胞を投与することでがんになる危険性はないのでしょうか
間葉系幹細胞はがん化のリスクが極めて低い細胞です。間葉系幹細胞は安全で利用しやすいと言われています。ただ患者様が細胞投与を受けられた際に体の中に腫瘍があると細胞投与によって増殖する可能性がありますので、事前にがんにかかっているかどうかも調べます。
副作用はありますか
患者様自身の脂肪から採取した幹細胞を使いますので、基本的に副作用はありません。
脂肪採取から細胞投与までにどのくらいの期間がかかりますか
幹細胞の培養には個人差がございますが、通常、4~6週間ほどで投与する数まで増殖します。
梅毒や肝炎などの感染症を持っていても治療は受けられますか
当院の培養加工施設では、感染症をお持ちの方の幹細胞の培養はできません。適応検査の結果、感染症にかかっていることがわかった方は再生医療は中止となります。
健康保険は使えますか
健康保険適用外となります。
生命保険の先進医療特約は利用できますか?
先進医療は、厚生労働省が定める高度な医療技術を用いた治療のことで、健康保険等の適用が検討されている技術のことをいいます。脂肪由来間葉系幹細胞を用いた再生医療は現在のところ、厚生労働省から「先進医療」の認可を受けていないので、生命保険の特約もご利用いただけません。
支払い方法が知りたい
脂肪採取術が終わりましたら請求書をお渡ししますので、指定の口座にお振込みください。他、デビットカードやクレジットカードをご利用いただけます。
将来の疾患に備えて、事前に幹細胞をストックしておいてもらうことは可能ですか?

可能です。まずはお電話でご相談ください。

お問合せ

お問合せは無料ですのでお気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せ

電話でのお問合せは以下の番号におかけください。代表番号ですので「再生医療」についての問い合わせである旨お伝えいただけますと再生医療室の担当者におつなぎ致します。

メールでのお問合せ

メールでのお問合せをご希望される方は以下のバナーをクリックしますと、メールフォームのページに移動しますので、必要事項をご記入の上ご送信ください。

資料のご請求

脳梗塞の後遺症、変形性膝関節症(培養)および脊髄損傷の後遺症につきましては、お申込みいただければ無料でパンフレットを郵送致します。ご希望の方は以下のバナーをクリックして、申込フォームに必要事項を記入の上で送信してください。

三つ折りリーフレット(下の画像)のPDFのダウンロードはこちら

受診のご予約

受診は完全予約制となっております。直接医師の受診をご希望の方はお電話でお申し込みください。以下の番号にかけて頂き、「再生医療」で受診予約をされたい旨お伝えいただけますと再生医療室の担当者におつなぎ致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする